感想の箱庭

しろのが見たものの感想を投げる

【お出掛け】ずっと行きたかった川崎のゲーセンに行ったオタク

ある日Twitterで川崎ウェアハウスが11月17日をもって閉店すると見た。

 

川崎ウェアハウスとは

別名電脳九龍城砦

香港に実在した巨大建築物、九龍城砦をモチーフにこの川崎ウェアハウスは作られている。

 

元々音ゲーマーだった私は以前からこの電脳九龍城砦を知っていた。凄くかっこいいなぁとか思ってた。特撮オタクになってからは仮面ライダードライブの夏映画サプライズフューチャーのロケ地として気になっていた。

 

絶対11月1日に休みを取ってここに行くと決めていた私は今日一眼レフ片手に川崎へと向かった。

 

 

 

13:00、川崎駅に着いた私は駅を出てGoogleマップを開いた。駅から徒歩10分と書かれていたのでどのくらいだろうと思っていたが、道は分かりやすかった。

 

「あ、この前の大通りの向かい側だなぁ……どれだr……

f:id:sHir0n0:20191101201726j:image

あった」

 

めっちゃ分かりやすかった。普通の街に並ぶ異質なそれはわかりやすく「あなたのウェアハウス」と書かれていた。

コンクリートの打ちっぱなしな窓が一切ない建物には漢字が書かれていた。

 

入口はこんな感じ

f:id:sHir0n0:20191101202004j:image

 

ここだけでもとても異質な感じがある。ちなみにこの隣には駐車場の入口があり、頭がバグりそうになる。この扉は自動ドアで、開くと

 

f:id:sHir0n0:20191101202320j:image

 

こうなる

 

めっちゃカッコいい。本当にゲーセンなのか疑いたくなる程テーマパーク感が溢れ出ている。この奥も自動ドアになっており、扉を開くと

 

 

プシュゥゥゥゥゥゥゥゥ!!!!!!!と空気が上から吹き掛けられる

 

それを全く知らなかった一眼レフ隠キャ、めちゃくちゃビビり散らかした。そんなのが出ると思わないじゃないか!!

ゆっくり一歩踏み出すとそこには異世界が広がっていた。

 

 

 

f:id:sHir0n0:20191101202911j:image
f:id:sHir0n0:20191101202915j:image

 

 

え????????

 

怖くて後ろ振り向くと


f:id:sHir0n0:20191101202919j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

え????????!!!!!!!!

 

異世界過ぎて度肝抜かれた。

そして何処からか女性中国人の怒った感じの声と皿を割ったりする音が響き渡る。

 

視界だけじゃなく聴覚も困惑させるな!!!!

 

一気に非現実な世界で困惑が止まらなかった。

奥に進むと謎の窪みとエレベーターがあった。

 

f:id:sHir0n0:20191101203808j:image
f:id:sHir0n0:20191101203803j:image

 

エレベーターの上には電脳九龍城砦の文字が。まぁカッコいい……

 

 

 

エレベーターで上がるのはもったいないと思い、エスカレーターで二階へ上がった。

f:id:sHir0n0:20191101204038j:image
f:id:sHir0n0:20191101204033j:image
f:id:sHir0n0:20191101204029j:image
f:id:sHir0n0:20191101204025j:image

 

 

全てがカッコええ!!!!

ちなみに写真には映してないが、下にはゲーム筐体がぽつぽつ置かれていた。

二階にはレトロゲーム筐体と音ゲー筐体とクレーンゲームが置いてあった。レトロゲームはこの九龍城砦スペースにあり、少し奥の方行くとクレーンゲームがあり、それを境に奥に音ゲーQMAや格ゲーがあった。

 

f:id:sHir0n0:20191101205421j:image

 

プリクラの隣に中国語のポスターがいっぱい貼られている柱があったりしてここでも脳内がバグりそうになった。

 

f:id:sHir0n0:20191101205848j:image
f:id:sHir0n0:20191101205855j:image
f:id:sHir0n0:20191101205844j:image
f:id:sHir0n0:20191101205904j:image

 

ゲーセンとは関係なくこんなロケ地みたいな謎の鶏の頭を揚げたものや謎のポストたちがあったりもした。

 

 

三階に行くと先ほどの場所が吹き抜けになっているので見下ろす事も出来た。あと上にあった家も撮れた。

f:id:sHir0n0:20191101210640j:image
f:id:sHir0n0:20191101210646j:image
f:id:sHir0n0:20191101210650j:image
f:id:sHir0n0:20191101210653j:image
f:id:sHir0n0:20191101210635j:image

 

 

三階には麻雀のゲームや縦画面の対戦型ゲーム筐体が置かれていてタバコの匂いがキツい感じだった。

四階は一体何があるんだろうという期待感が高まりエスカレーターに乗った。

 

 

 

f:id:sHir0n0:20191101211013j:image
f:id:sHir0n0:20191101211007j:image

 

 

何これ

 

一気に世界観変わり過ぎだろ

 

 

四階には卓球場とビリヤード台とダーツと一気に大人な雰囲気な場所だった。あと現在川崎ウェアハウスでは店内で謎解きゲームをやっているのでそこの受付があった。

 

 

 

とても変わったゲーセンには色んな層の客がいた

  • 元々ゲーマーでよく来ている人
  • 謎解きゲームをしに来ているカップルや女子たち
  • 完全に写真を撮りに来ただけの一眼をぶら下げて写真を撮るサブカルオタク
  • 外国人観光客

 

元々来ている方より謎解きしに来ている人やサブカルのオタクが多い印象を受けた。

私は謎解きゲームを一人でクリア出来る自信がなかったので音ゲーをしてお金を落とした。

 

 

帰ろうと一階に降りると人が増えていた。

最初に見た謎の窪みが気になった私はその奥に行った。

 

f:id:sHir0n0:20191101212015j:image

 

い、異世界過ぎる!!!!

 

雰囲気が怖く、恐る恐る奥へ向かうとそこは自動ドアになっており外に出れた。

 

f:id:sHir0n0:20191101212130j:image

 

え、私あの丸から出たの?!

 

何から何まで驚きの連続でした。

 

 

こんな風に一通り見て思ったのが

 

本来の使い方しかしていないゲームしに来ている地元のおじさんお兄さん達は私のようなサブカルオタクが増えたことが嫌かもしれないなと思った。

 

 

本当テーマがあるだけで二階からは普通のゲーセンだった。四階に至ってはマジでゲームしに来たお兄さんしかいなかった。

 

インスタ映えとかTwitterでのバズりとかで本来の目的とは違う客が増えたのかなという印象も受けた。

 

閉店したらこの内装も何もかも潰してしまうのだろうか……もし残して何かまたやるようだったら訪れたいほどにはとてもいいところだった。

 

今回はこれでおしまい

皆さまお元気で